チンジャオ娘の作品と最新情報
チンジャオ娘

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話 ネタバレ

今は、コロナウイルス対策で政府からの外出自粛要請で皆さん家にいる時間が、多くなってきてると思います。

そんな時に是非「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」を読んでみませんか??


配信先のBookLiveコミックでは、他にも魅力的な作品が多数掲載されています。

是非とも覗いてみてくださいね。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話 ネタバレ

次から次と何度も求めてくる様になった陽葵は、急かしてコンドームを付けようとする俺に・・・

「いいよっもうそのままやっちゃお!!やっぱり中に出して欲しいもん」

「あっ・・・横の姿勢すごく気持ちいい」

強く腰を動かすと更に要求が・・・

「もっとやって・・・」

自分だけが、気持ちいい状態に気を遣ったのか陽葵が・・・

「お父さん・・・私も何かした方がいい??」

しかし残念ながら今は、俺の番だ。

そう言うと陽葵は、乳首を自分で弄りだす・・・

「もうちょっと待ってもっとこの感じ・・・やりたい」

しかしこっちが、持たない。

そう思った矢先に陽葵の中に大量に俺の欲望を流し込む。


「お父さんだいぶ疲れた??」

「私は、全然元気だけど・・・もっとやりたいくらい・・・」

こっちは、じじいなんだから少しは、休まして欲しいものだ。

後日の夕食は、スーパーで買ってきた弁当・・・特に会話も無い・・・しかし最近手抜きな感じが、否めない。

「お母さん最近よく友達と遊びに言ってるね」

陽葵は、そんな問いかけを妻にしながらもテレビから流れるバンドに夢中だ。

そこは、やはり女子高生だなと少し安堵する。

そんな夕食の団欒時にいきなり妻から「今日は一緒に寝ない??」とまさかの提案・・・

陽葵は、どう思ったのだろう・・・

妻の部屋に入ったのは、久しぶりだ。

ドアを開けると下着姿の妻がいた。

ちょっと驚く俺にせかす様に「早くしましょう」と言う・・・

妻の裸を見るのは、久しぶりだった。

何故か違和感がある・・・それもそのはずいつも若い女を抱いてるのだから・・・

終始無言のSEX・・・

どうしても無意識に入れ心地を比べてしまう自分がいる。

妻は、何か俺とのSEXで何か試している様だ・・・どんな風にどのタイミングで締めればいいのか試している様にみえる。

終わったあとすぐにスマホをいじるとこにそこに愛がないのが垣間見えてしまう・・・

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話 感想

今回の「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第8話は、相変わらずSEXに夢中な2人で色んな体位でお互いにもっと快感と求めていくんですが、その陽葵のエロい事!!!

ちゃんとコンドームしてたのに2回目からもう付けないで中に出して欲しいと懇願する陽葵が、可愛くてたまりませんね〜〜!!!

そんな中今回はストーリが動き始めます・・・ここまで最初しか出てこなかった妻が出てきますが・・・その妻と俊樹のSEXがどうも様子がおかしいんですよね。

SEXを楽しむというよりも実験に俊樹を利用してる感じなんですよね・・・

何か不穏な空気が、漂ってきてますね・・・

この先の展開が、楽しみですね!!!

さてそんな「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」ですがBookLiveコミックさんの独占配信になっています。

気になった方は、先ずは無料の試し読みから初めてみて下さい。

こちらのバナーからどうぞ!!!