チンジャオ娘の作品と最新情報
チンジャオ娘

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第11話 ネタバレ

今は、コロナウイルス対策で政府からの外出自粛要請で皆さん家にいる時間が、多くなってきてると思います。

そんな時に是非「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」を読んでみませんか??


信先のBookLiveコミックでは、他にも魅力的な作品が多数掲載されています。

是非とも覗いてみてくださいね。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第11話 ネタバレ

今日は、陽葵と近くのラブホテルにきている。

勿論妻には、言える訳もなく・・・

出掛けるにあたって妻には、陽葵が代わりに伝えてくれるという・・・

今日の陽葵はいつもに増してニヤニヤしている。

初めてのラブホテルだからだろうか・・・

この時には、俺はまだ分からなかったこの意味を・・・

「ラブホって凄い・・・前から来てみたかったんだ」

眺めの良い部屋に陽葵は、ご機嫌の様だ。

「はぁっ・・・気持ちいいよお父さん・・・」

「もっと深く挿れていいよ」

今日も激しく腰を打ち付けていく。

あっという間に果ててしまう・・・

もっと陽葵の中に出したい!!!

雰囲気も手伝ってかいつもに増して求めてしまう。

「・・・ずっとこの時間が続いたらいいのに・・・」

「私・・・ちゃんと大人になったんだよ」

愛おしくて強くしてしまう・・・

幸運にも陽葵は、強いのが好きらしい。

「お父さん・・・私お父さんの事が、好き・・・」


俺もここまで大事に育ててきたんだ。

「クラスの他の男子よりもずっとお父さんと一緒に居たいと思うの」

「私・・・お父さんの奥さんになりたいの」

そんな事言われても形では、親子だしなりより妻の事がある・・・

「私作戦考えたから・・・お父さんは、心配しなくていいよ」

何を考えてるのか知らないがどちらにせよ叶わない事だ。

こんな関係をいつまでも続けて言い訳がない。

俺が、姿を消した方が、良いだろう・・・そう決意しながら家に向かった。

しかし家に着くと思いもしない衝撃を受けることになった・・・

妻が、知らない男とSEXの真っ最中なのだ。

慌てる男と妻・・・

妻は、なぜか俺が出張と思ってたらしい。

陽葵が、そう妻に言ったらしい。

畳み掛けるよに陽葵が、続ける。

「お母さんサイテー知らない男の人と不倫してるなんて・・・」

不倫相手は、面倒ごとは、御免だとそのまま出て行った。

陽葵が、仕掛けていたのはこれだったのか・・・

妻とは、その後離婚した。

「折角証拠写真撮ったのに慰謝料とっても良かったんじゃないの??」

色々あったけど陽葵を産んだのは、彼女だからそこには、敬意を払いたい。

何よりもお前に会わせてくれたからな!!!

「これからも一緒に暮らそうな」

「うんっ!!」

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第11話 感想

今回の「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第11話は、遂に最終話でしたね。

今回は、ラブホテルで終始恋人の様なSEXをする2人ですが・・・もうカップルの様ではなく完全に恋人同士なんですよね。

お互いがお互いを求める・・・まさにそんな感じなんですよね。

変則プレイもなくコミュニケーションの為のSEXなんですよね。

しかし俊樹は、この関係は宜しくないと思ってるみたいです・・・今更な感じですけどね 笑

もしかした今回が、個人的には一番エロい様に思いますね。

陽葵が、俊樹を求めるとこのエロさときたらもう完全に女性ですからね!!!

しかし・・・この後の展開ですよ!!!

まさかの不倫現場に出くわすなんて・・・しかも仕組んでいたのは陽葵だと言う・・・

もう完全に自分の母親を邪魔者扱いですね。

女性は、怖いですね 笑

でも目の前で妻が、別の男とSEXしてるとこを目撃する俊樹の気持ちを思うとやるせないですけど・・・俊樹が何か言える立場にないですけどね。

この後妻が、出ていってハッピーエンドなんでしょうかね??

まぁ〜1つ言えるのは2人が。幸せそうて事ですね。

今回も期待を裏切らなかったチンジャオ娘さんと小桜クマネコさんには、またコラボして頂きたいですね。

さて皆さんそんな「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」ですがBookLiveコミックさんの独占配信になっています。

気になった方は、先ずは無料の試し読みから初めてみて下さい。

こちらのバナーからどうぞ!!!